後部座席を殺さないで大型バイクを真直ぐに積載するには、後部座席を前方にずらす必要がある。2万円位で購入出来るのであれば直ぐにでも買おうと思ったのだが、売ってる物は4万円近い値段がする。
 もちろん実物なんて見た事もないけど、なんか、もったいないような気がして自分で作ってみることにしました。

購入品
家庭用小型低電圧溶接機
青森市内に幾つかあるホームセンターの内、一番安かったのがこれ。
7980円で売ってました。
何種類か置いてあったけど、一番、素人用って感じだった。
もちろん、溶接棒も買いました。(200g・¥980)
グラインダー
これは、1780円で購入。
削る奴は付属していたので、切断用の刃も購入。こちらは色々あった
ので、真中らへんの値段(¥330)が付いてたのを購入。(適当です!)
アルミチャンネル(20×40×300)
土台になる物を探してたらこんなのがあった。上の2つはとりあえず、穴
をあけてみました。3mm位の厚みがあるんだけど、アルミは加工しやす
いです。
ほんとは、溶接を考えて鉄製の物を探していたんだけど遂にホームセン
ターでは発見できず。
でも、いったい何に使う物なのかな??
フラットバー及びアングル
上の重なってる平べったいのがフラットバーで下の直角に曲がってる奴が
アングル。(って値段の付いたシールに書いてました)
もちろん、これを切ったり溶接したりして使います。
なんでも、作れそう・・・・(笑)
ボルト・ナット
座席後方プレート固定用(10mm×70mm、ピッチ1,25×4本)
座席前方プレート固定用(10mm×40mm、ピッチ1,25×2本)
チャンネル裏バー固定用(5mm×10mm)
10及び20cm前方時固定用(8mm×20mm×12本)
他・・・・。
ホームセンターでは、10mm×70mm、ピッチ1,25は売ってなかった。
青森ボールト商会と言う会社で売ってました。さすがボルト専門店です。
部品代は1万円もかからなかった。(笑)


既存品
ドリル&ドライバ
大分前に,購入した物。たぶん3千円位だったかな?
リベッター
中古品を安く購入。
万力
これは、いろいろ役に立ちます。ほんとはもうちょっと大きいのが欲しいの
だが。セールで498円だった。普段でも980円位の物。
うえから
回転ヤスリ
ステップビット
センタポンチ

道具の中ではドリルやグラインダーなどより、こういう刃なんかが結構高い。
中でも、ステップビットは溶接機の次位の値段します。


製作
買ってきたアルミチャンネルと言う物に一生懸命穴をあけていきます。穴開
けにはポンチで目標にキズを入れ、そこに2mmのドリルで穴あけ開始。
その後は、徐々に大きいドリルに変えて行き、6mm程度になった所で、ス
テップビットっと言う刃に交換、これで12mmの穴の出来上がり。
フラットバーをグラインダーで切断してこちらも穴あけ修了!!
ちなみに、穴のサイズはチャンネルの両外側は6mm、フラットバーの両外
側は5mm。中の3つの穴は、チャンネル及びバー共に12mmに。
両端の小さい穴でチャンネルとバーの中3つの穴が重なる様に5mm×10
mmのボルトで固定。
その後は8mm×20mmのボルトが上手くチャンネルのセンターで止まる
様に固定(製作中のプレートは標準・10cm前・20cm前なのでチャンネル
を基準に合わせて止める)その後で裏側のナットは、そこから移動しない様
に溶接してしまいます。
標準の位置はハイエースそのものに付いてるナットにプレート固定用にも使
用するので開けておいた穴のままで、あとは加工しません。
固定様に切断したバーを加工して、チャンネルをリベットで固定していきます。
拡大写真です。バーにはアングルを切断した物にリベット用の穴を開けて溶
接してあります。
完成です。上が後側、下が前側の固定用です。ほんとは、この2つを固定し
ようと思ったのですが車に取り付けてみて必要ないと思いました。
ボルトオンで固定した所。異常なく設置できました。
後部プレートです。
一番下に見えている黒のボルトがもともとの位置。
写真は、標準位置より、10cm前方に移動しています。もちろん標準位置にも
固定でき、そこから20cm前方での固定も出来ます。ちなみにプレートを180度
回転させて固定すると後方にも同じように移動出来ますね。
でも、ぼくの場合、標準位置から10cm前方に移動した位置しか使うことはな
いでしょう。たぶん。
前のプレートを解体屋からスライドレールを買って付けて、後のプレートには純正のフックをかけるバーを購入
しようかと思ったんですが、今回はあきらめました。でもそうすれば、ボルトで移動しなくても簡単に移動でき
るんだよな。そのうち挑戦するかもかも。



バイクを真直ぐに積み込めます!!