サニトラ時代に購入したあゆみを今でも使用してるので、実はそのままの長さではハイエースに積み込む際、7RRはアンダーカウルを擦ってしまう。そこで、こんなのも作ってみました。


ハイエースにレプリカタイプのバイクを積み込む際、180cmのあゆみではアンダーカウルが
あたって無理。
でも、この台を付け足すと、十分積め込めます。
溶接も、回数を重ねるたびにコツも掴み、上手くなってきました。
家庭用の溶接機でも十分、役に立ちます。


以前は左の画像の様にしてブロックや段差の所に置くのなんかを使用して対応してましたが、
スッキリしました!!