003IXL

IXL
 オイル添加剤。この手の製品は半信半疑ではあるが期待して使用してます。
7RRは新車で購入してすぐマイクロロン処理。その後かなり走行距離(2万キロ)が進んだため今度はこちらの製品を使用してみたといった状態。
マイクロロン、IXL・・・良いか悪いかと聞かれても良いのか悪いのか!?悪くはないと思うが・・・結局、中途半端な回答しか出来ない。
しかし、2万2千キロ以上、走行(スポーツバイクなんで高回転で走ることも多い)してエンジン関係はノントラブルだったのも事実!
オーナーの手入れが良いため?それとも添加剤のお蔭!?(笑)
 追伸:
 2009年、軽トラ(4WD)をオークションで購入。もちろん中古(1995年製スズキ・キャリー、64,000Km)。秋田港まで引取りに行き、その時点で初めて実車確認(^^ゞ。車検2年付きで安い買い物でした。
早速、秋田まで送って貰った後輩を乗せ昼飯へ・・・・「タペット音が、かなりうるさい!!エンジンがちょいと心配・・・」第一印象でした。
 実はIXLも持参しており、現地GSでオイル交換しその際、規定値を添加して貰いました。車はそのまま秋田道へ・・・タペット音はまだうるさく、後ろから他車にツツかれるも、時速80Km前後をキープ。高速を降りる頃からタペット音に変化あり、なんか静かになってきた!?
 青森まで200Km超。IXLの効果が表れるのは200Km前後から・・・との説明の通り自宅に着く頃には、あれほど「カチャカチャ」うるさかったタペット音がウソのように静かになってしまいました。ちょっとオーバーですが、今では気をつけないとタペット音は分かりません。でも何故タペット音が小さくなったのか??クリアランス調整無で音が小さくなる原理が知りたいです(^^)
 この手の物で、これほど明らかな効果を体験できたのは初めて。ほんと、これほど変わるもの?って感じがしました。
っま、軽トラのエンジン状態(ダメージ具合)と添加のタイミングが上手い時期に重なったのでしょうが、期待以上の効果でした。

 7RRで効果があまり実感できないのはそれだけ手入れの行届いた良いコンディションのエンジンだからかな!?と改めて自負(笑)