2011年

’11年11月8日・・・7RR冬眠。
7RRはブレーキ整備も終了したので今シーズンは終了。自宅車庫から別地ガレージへ移動し冬眠しました。
 7RRは、S4Rsより一足先に冬眠です。
バッテリーはトリクル式充電器。
今年からはS4Rsもいるので、もう一つ必要ですが今度は浮動式の充電器を買おうと思います。
’11年11月3日・・・7RR・フロントブレーキキャリパーオーバーホール。
フロント右側の右パッド焼き付き再び。オーバーホール実施。29,512Km。
 ピストン清掃&フルード交換では改善されず。
再びばらして、オイル&ダストシール全て新品に交換。
今まではシリコングリースで組み上げてましたが、今回はメタルラバーを使用し、クリーニング&組み付け実施。 
 ブレーキ引きずりの原因は?
 ディスクは規定範囲内のブレ。しかもそろそろ限界に近いかなと思われるのは焼き付きを起こしていない左側。やっぱりシールが原因なんでしょうか!? 
 シール溝はオイルシール用とダストシール用の2段になります。レーシングじゃないのでダストシールもきちんと使用しますので、綿棒で念入りにクリーニング。
 マスターシリンダーまでフルードを完全に抜いた後、吸引器なしでのエア抜きの大変さはやった事がある人ならご存知かと思います。色々吸引器を検索致しましたが・・・
結局、オークションでワンマンブリーダー購入(^_^;)
最近は、こんなのでも送料を入れても3,000円でお釣りが来ちゃいます。
 コンプレッサーを使っての吸引。
やっぱ、楽ちんです。今までの作業時間の3分の1もかかりません(笑)
 リフトアップしてる状態でのブレーキ作動はシール交換無しでクリーニング&フルード交換時と比べ、順調のようです。 やはりシールが原因だったのでしょうか?
今シーズンは終了。街乗り程度で出る症状ではないので、来シーズンのスポーツ走行で結果が出せる。ってな訳で来年に持ち越しです。出来ればディスク交換もしたい。ディスク交換するならホイールの面だしもしたい。面だしするなら塗装もやっちゃいたい。ってなっちゃうんだよなぁ〜ブレーキ関係は厄介です(^_^;)
’11年10月8日・・・S4Rs・タイヤ交換。
今回はレーステック初のK3(ストリート)。9,840Km。
  K3・・ストリートコンパウンドは、初の試み。
結果は超Goodです。ストリートコンパウンドとは云え、やっぱりM5とは比べられないほど実力の差がありますね(笑)
  2度目にして気が付きました(^_^;)
ガルアームのホイールですが、タイヤは表側(手で握ってる方)からでないと入替できません。
 恥ずかしながら、前回の交換時は気が付きませんでした(T_T)
 ちょうど親指の所・・・一番へこんでる所を使ってタイヤを履かせます。
タイヤ交換はココを上手に使うことが、入替時のコツですよ!!どんなホーイールにもこのポイントがありますんで、どうも苦手だなぁ〜って人は、ここを上手く使えてません。ハイ(^^)/
’11年8月31日・・・S4Rs・ウォーターライン交換。
ラジエターホース、クーラント交換しました。9,540Km。
  SAMCO製のシリコンホースに交換。
    あまり変化ありませんが、白だとなんとなく軽い感じしませんか?(笑)


'11年7月5日・・・S4RS・リアブレーキパッド交換、車検。
リヤのブレーキパッドを交換し、車検に行ってきました。9,078Km。
  リアブレーキを交換しました。
前オーナーはリヤブレーキを多用する方だったのでしょう。
ちなみに、フロントのパッドは4.2mm厚と問題なしでした。
 問題の車検は思ってた通り、光軸検査で落とされました。テスター屋さんで調整(3,800円)し、対策方法を聞いて再び挑戦! 合格となりました( ^^)
 S4RSは振動のせいか、ボルト&ナット類が緩んでる事があります。気をつけなくては・・・・。日本車では考えられない部分が緩んでる事があります。


’11年6月18日・・・S4RS・リアサススプリングシート挿入。
サスの動きを良くするためのパーツ。スプリングシートを挿入。8,950Km。
 MotoGarage WINDSさんから頂いたスプリングシート。
3月11日の津波の被害を乗り越えた強運のシートです。
( ^^)
 車体をパンタジャッキで持ち上げてサスペンションを抜き取ります。 
 ZX-7RRのと違い、ピギーバックタイプのガスタンクがマウント軸と同方向に有ります。よって90度ずらしてサスを縮めます。
 万力で固定。もちろんプリロードは最弱まで調整してます。
 綺麗にしてからスプリングシートを上下に挿入します。
 プリロードを掛けなおし、元の状態に組み直しました。 


'11年6月16日・・・S4RS・ヘッドライト交換。
中古で購入したS4RSにはアブソリュートのHIDシステムキットが取付けされてる。でも・・・・。8,850Km。
 車庫に納車する際、壁に写るライトの影が変!?
S4RSにははじめからアブソリュートのHIDシステムとPIAAのリフレクターランプが取り付けられていた。多分10万位の値段になるのでは。
 どちらも一流の品なんで大丈夫かと思いつつも、やっぱり確かめようとテスター屋さんに行ってみました。
結果、光量も足りない、光軸も調整できないだけズレテル。
さて・・・どうしたもんでしょ!?(^^ゞ

バラシテみてびっくりその1。
バルブ押さえピンを止める突起が無い。
折っちゃってそのままなんすね。
道りで光が収束できずに散っちゃってる訳だ(~_~;)
 バラシテみてびっくりその2,3。
 こんなところにケーブルをまとめてどうすんの?って言いたくなります(笑)
 ヘッドライトカバーが当たり光軸調整が出来ない為でしょうか?カバー後部のパーツのナットが外され、もう片方は爪も折られちゃってます。
完璧、素人作業のようです。
 バラシテみてびっくりその4。
 HIDの配線はH4カプラを切断しギボシ端子で接続してありました。
 バラストの設置場所も後ろシリンダーヘッドに固定されてたし、バイク屋さんがやった事ならそのバイク屋さんには行かない方がいい。
うちならH4のオスカプラー買って加工すると思う。
 高級バイクに高級パーツ。うちみたいなヤツはめったにいないし、普通なら購入したバイク屋さんに頼みますかな?
個人的にこんな事するのはバイク屋さんじゃなく、素人であってほしいです(~_~;) 
 ハイエースでは角タイプでお世話になってます。
Raybrigのマルチリフレクターランプ丸型(ブルー)です。
付いていたのは、ガルーダのマルチリフレクターランプキッドです。それに使われてるのがPIAAのランプって訳。180φのランプがモンスターの185φに合わせられるって訳。
っで、PIAAのランプは単品で見つからなかったんで安くて高品質なRAYBRIGに交換する事にしました。
 アダプターから外したところ。左がPIAA、右がRAYBRIG製。
反射板のカットはほとんど一緒です。

バラシテびっくりその5。
写真に写ってる三本のバネの取付けも逆でした。
ほんと、これ取付けした人に会ってみたいです(笑)

 
 ケーブルはシート下にまとめたのでライト周りにあった余計なケーブルは無くなりました。
 すっきりしたヘッド周り。 
 こちらは下向き。光の部分と影の部分の境がハッキリしました。
 こちらは上向き。これで光軸の調整が出来、車検も通せそうです。 

テスター屋さんには3,800円も払って調整つかず。
一級品のパーツを使ってもそれを取り付ける者の技量によってはとんでもない事になる良い例ですね。


’11年6月8日・・・7RR・タイヤ交換
レーステック・K1(ソフト)。29,060Km。
 今回も、もちろんレーステックです。
 
 処分になります。


’11年5月31日・・・7RR・ラジエターホース、ラジエターキャップ、クーラント交換
そろそろ限界のホース&キャップを交換しました。29,060Km。
  寿命限界のラジエターホースはSAMCO製のシリコンホースに交換。
 実は設定が7R用しかなくオイルクーラーの下側ホースが短く使用不能でした。
結局、リターンホースを純正新品と交換し、SAMCOのリターンホースを切断して合わせました(^^ゞ
 LLCはいつものBILLION製、LLCタイプR+ 
こうして見るとライムグリーンのホースも中々の見栄えです!!って、カウルを装着すると殆ど見えませんが(~_~;)
  こちらはラジエターキャップ。
ゴムが伸びきって限界でした。
新品を目にした時は、型が変ったの!?と勘違いするほど。これじゃぁ、まともな動きはしてませんでしたなぁ(~_~;)


’11年5月25日・・・S4RS・シフトインジゲータ、ステアリングダンパー取付
エンブレ対策としてシフトインジゲータを取付けしました。8,350Km。
「GIpro x-type」 
シフト(ギア)インジゲータ。
 高回転域からのシフトダウンは7RRと違いエンブレにはかなり気を使います。
現在のギアが何速か確実に分かると、それなりの対応が出来ます。
 表示は、レッド、ブルー、グリーンの三種類ありました。切り替えが出来ないタイプなので購入時点でカラーを選択しないといけない。現物を見てないのでどれが一番見やすいか想像した結果、グリーンを選択しました。 ・・・ちょいと見えづらいかも(~_~;)
  マトリス製ステアリングダンパー。
ランクは一番下のM2タイプだが十分な性能です。動きを確認したところ個人的には最弱から2〜4で、普段は2で十分かなと予想し、説明書を確認してみました。・・・結果はビンゴ(^^)標準設定は3前後との事でした。
ちなみに12段階の設定が出来ます。
  取付け次第では、そのままの状態でも燃料タンクを持ち上げる事が出来ます。
便利ですね(^^)


’11年5月5日・・・7RR・オイル、オイルフィルター交換
エンジン点火。オイル交換しました。29,017Km。
 7RRのオイル交換しました。エンジン始動しオイル交換作業しましたが、どうやらウォーターライン(ホース)のリニューアルが必要のようです
(~_~;)


’11年4月〜29日・・・S4Rsリヤタイヤホイールバランス・ブレーキ&クラッチフルード交換・バッテリー交換
これで一通りの納車整備終了です。7,950Km。
 片持ちアームに支えられるホイールはベアリングの無いホイール。マルケジーニは凄く軽くて良いのですが、プラスオフセットで普通の二輪のセンターオフセットにベアリング圧入ってなホイールと違い、バランス取りが出来ません。 
 バーに固定するアダプタが直ぐに見つかりました(^^)一番外側のがそれです。 
 バーに固定できればこっちのもん。普通の段取りでバランスがとれます。 
  バランサーウェイトを貼付け完成。
 バッテリーも新品に交換。エンジンのリアバンクの上に横置きで積まれるので、なんだかんだ使えません。
大丈夫かな?と思いつつ、「台湾YUASA」
一応YUASA規格なそうなんで大丈夫だと思います。でも取り外したバッテリーは念の為リサイクルに出さず、しばらく保管しときます(^^ゞ 
 フルードは何を使ってるかわかりませんがピンク色してたんで交換しました。
 このデイトナ製品。使いっきりタイプ(100ml)なんで使いやすいです。 
 綺麗になってさっぱりです( ^^) 


’11年4月18日・・・S4Rs納車整備
プラグ交換・オイルエレメント交換・オイル交換・タイヤ交換7,850Km。
  プラグは7RRと同じくデンソーイリジウム
型番も同じでIU27。
 ちなみに、外した下に写っている純正品NGKのプラグは1本5,000円以上するらしいです。ツイン交換で万円が飛ぶなんて事はできません。貧乏人がDUCATI乗るなってもんでしょうか(~_~;)
  オイルも7RRで使用しているスノコのレッドフォックス10−40w。
 写真は純正のドレンプラグ。大きな磁石が付いてます。ここら辺はやっぱDUCATIです。整備してて感心します。パーツは、いい物をおしみなく使ってます。
  S4Rsに装着するのはメッツラーのM5(写真右側)。
リヤタイヤにバンク角インジゲータなるものが刻まれてて、「あ〜ここまで、寝かす事が出来た〜」とかやるための物なのでしょうか?別に必要ないかも(笑)
 久々のストリート系のタイヤになりますが、グリップは十分です。