2002年

’02年12月4日・・・・・ステアリングダンパー、オーバーホール
秋の走行会以降オイル漏れが酷くなってたステアリングダンパーがオーバーホールされて戻ってきた。こうしてオーバーホールされて戻ってきたダンパーを動かしてみると、結構ダンピング性能が落ちていたようだ。
’02年10月17日・・・・・スイングアームピボット位置変更
ロックナットを緩めるソケットを入手、ピボット位置を変更してみる。違和感があれば即戻す予定。今年もそろそろバイクは終わりの気分。
’02年9月25日・・・・・タイヤ交換
今回は、久々にダンロップでない。BT-001。現在走行距離は、11,143km。どんな特性か楽しみですぅ。週末は楽しみにしていた走行会なのだ。
’02年6月11日・・・・・7RRキャブ設定変更
今ひとつ納得いかなかった所をめんどうだから、まあイイやってしてたところを思い切って変更しました。
パワーチェックの前に何度か試した内、一番気持ち良く
エンジンが回ったと感じた付近までもどす。

・ニードルの段数変更
・メインジェット交換


アイドリング時や極低開度時点で濃い目だったのを修正
するため(エアースクリューのみの調整を見直し)スロー
ジェット交換から手直し。

・スロージェット交換
・エアースクリュー開度変更
今回の、変更の際、プラグも確認。#1・#2共にそれなり・・・・ということで
大幅な変更はしなかった。                             
変更後、エンジン始動、低めの気温でもチョークを殆ど必要としなかったのが
始動に、チョークを必要とする。・・・おお、なんと設定に忠実なんだろう!! 
暖機運転をしてアクセルをひねる・・・・プスッ・・・薄くしすぎじゃーん、っと言う
事で、もう一度エアースクリューの調整を・・・・ってな感じで、それなりに仕上
がる。・・・・・・もしかして、いいかんじ!!                    

それにしても、いじった所が忠実に現われるキャブって、いじっていても本当に
楽しいです!!                                     
最近は、だんだんバイクもインジェクション化してきてますが、手がかかる分、
愛着が沸くんですね!!                               
(簡単に設定変更出来るらしい、インジェクション仕様に対しての負け
惜しみにしか思えないかも、しれませんが、そうじゃないよ!!ホント)
’02年5月28日・・・・・オイル交換
オートバックスで平日オイル1割引き!キャンペーンっという事で、今日はオイル交換。まずは、茶屋へひとっ走り、今年は初の牧場までの走行となる。帰ってきてオートバックスへ、ハイエースは量り売りのやつで、バイク用にワコーズの4CR・5−40Wを・・・・。走行距離は7RRが9706Km、REV-3が546Km
’02年5月4日・・・・・キャブ調整
今日は雨。と言う事で、キャブをいじる事に。冬季間バッテリー装着したまま。暖機運転で過ごすぼくが春までに気がついた事にアイドリング付近が濃すぎってのがありました。・・・で調整しなきゃと思っていた訳。
っで今日やったのは、エアースクリューを半回転戻す事。・・・まっ、濃すぎといっても、発進が凄くし易い状態なのであまり変更したくないのも事実、それでいてパイロットスクリューより影響範囲が広めだからね。一番の理由はエアースクリューの方がアクセスし易いからなんだけどね。(^o^)ハハハ・・・・エンリッチャーソレノイドバルブのスイッチもON。(どれくらい影響してるのか知りたくて、OFFにしてたもの)
’02年4月24日・・・・・車検・タイヤ交換・etc
車検完了。タイヤは、結局前回同様、ダンロップのD208GPのハードを選択。昨年の8月8日に交換したときの走行距離は7,347km、現在は9,247kmなので約2千kmですね。といってもフロントタイヤは交換するにはやっぱりもったいない気がスル。
その他、フロントのブレーキホースが短かった為長くする事に。グッドリッチの7RR用だったんですが若干短すぎました。現在はノーマルホースに戻ってます。これからブレーキホース購入計画のある方、車種専用設定でも短かったりする事もあるようです、クレームは装着した時点で行いましょう!!ぼくの場合は2年位たっちゃったので結局は有料です。おもいっきりそんした気分なのは確かです!
PS・タイヤ交換について・・・5月19日の走行会は思う様に走れなかった。もしかしたらハードで交換をお願いしたタイヤがソフトタイヤなんじゃないの?っという疑問が湧いてきました。それなら今回の結果も納得がいくんだけど・・・。
 4月24日の上記ではD208GPのハードを選択。っとなってましたが、問い合わせてみると・・・なんと!手違いでソフトだった事が分かりました。まさに推測通り!ピンポ〜ン!通りで低温時の一般道でいいグリップをしてたわけだ!!ダンロップでコンパウンドの変更したのかな!?っと思ってたのは、単に知らないうちにソフトを履いてたって訳ですね!!「:::ダンロップは寒い時期でのハードタイヤでもいいグリップするよっ:::」ってタイヤ交換以降に色んな人に茶屋で吹きまくってましたが、間違いでした!すいません!!思いっきりソフトタイヤでした。走行会ではもちろんハードで走ってると思い込んでたんでたぼくは、この気温でタイヤがタレてる訳は、無いし、思ったラインからずれるのは、前の日に呑み過ぎた為かな!?っと・・・。まさか、またしてもソフトタイヤでサーキット走行しているとは思ってもいませんでした。(笑)・・・同じ失敗を昨年の6月の走行会で経験してるだけに痛い大失敗!!ですね。
 でも、考え様によっては、2000Km位のタイヤのライフを考えると100Km足らずのサーキット走行では不満だったのをスッパリ忘れてしまえば、残りの1900Km(!?)の公道ではすばらしいグリップが得られる訳で・・・・済んでしまった事はまあいっか!次回があるもんね。何はともあれ原因が分かってさっぱりしました。(笑)
’02年4月18日・・・・・REV-3チェーン・スプロケ洗浄
今日は、午前中茶屋へ・・・誰もいないし、寒かったので帰ってきてチェーンを洗う事に。結構錆びてるので普通なら買っちゃえ〜って所なんでしょうが、予算が無いと言う事で・・・洗って誤魔化しましょう!って事で。
作業をしてみて、さすが競技車両だと思った。これくらいの作業がほんと簡単に出来ちゃうのだ!チェーンはクリップを外すと後はスルスルスルっと取れちゃう。フロントのスプロケもクリップで止まってるだけなのですぐに外れちゃう。こんなに簡単でいいの?ってくらい楽に出来ちゃいます。
どう!!綺麗になったでしょ!!って元の映像が無いから分かんないよね。(爆)
’02年4月6日・・・・・・REV-3の手入れ
今日は、天気がいいので、茶屋にあがろうと思ったが、REV-3の手入れをする事に。実は、購入した時点でオーバーフローしてました。7RRに比べて単気筒はらくちんです!キャブも一個しかないからね。油面の調整をして、フロートの動きを良くする為に綺麗にクリーニング。実はミクニのキャブが付いていてフロートはキャブ本体ではなく、蓋の方に付いてました。このフロートの付き方ははじめて見るのでちょっとびっくり!・・・・これで止まらなければ、ぼくにはちょっと手におえないかな?っと思って組み付け。ラッキー!!みごとにオーバーフローは、解消されたのでありました。
 エアークリーナーとキャブの清掃を行ったせいか、エンジンの回転もおかしくなってしまいました。でもエアースクリューとスロットストップスクリューを調整してやると、元通り!!こんなもんでいいんじゃない。
・・・・・PS:写真撮るの忘れちゃいました。
’02年3月14日・・・・・エアーフィルター交換、etc
天気もよく暖かかったので、作業開始。購入しておいた、K&Nリプレイスメントエアフィルターって製品に交換する。エアーガンを吹き付けた感じではノーマルの物より抵抗がかからないのかな?
ノーマル品 K&N
見ての通り、フィルター部分の面積はノーマル品のほうが広い。K&Nではジャバラ状になっていて、これで有効面積を稼いでいるのかな?・・・・。   
現在の走行距離8,811Km
チタンシェルターという、ヘルメットのシールドを購入したので、こちらには、FOGCITYという曇り止め防止のフィルムを貼る。
シールドには、色の種類が色々あって写真はパープル。FOGCITYの色も選べるが透明の物をシールドの内側に貼る。一度貼ってしまうとフィルムが剥がれるまで曇る事はありません。(半永久的)・・・このフィルムは昔、デイトナで取り扱っていたのですが、現在は他のメーカーで取り扱ってるらしい。これは、ぼく自身10年位前から使い続けています(シールドを変える度に新規張替え)。お勧めの一品です!!春先は特に重宝しますので今の内に、だまされたと思って購入してみては!?
’02年2月20日・・・・・アクスルワイヤー取りまわし
ハイスロットル装着によりアクスルワイヤーの取りまわしに注意を受けました。ぼく自身知らなかった事ですが、ブレーキホースは、特別な存在で他のいかなる外圧を受けない様に取りまわししなくてはならない(車検時)・・・とのこと。ハイスロットル装着時にアクスルワイヤーがブレーキホースに干渉していました。 
ぼく自身ベスト!っと思っていたアクスルワイヤーの取りまわしでは、車検が取れないかも・・・ッということで、どうしたらよいか考えていました。すると思わぬところからヒントが・・ラッキー!先日産業会館で行われたバイクフェア−に展示されていたRC SUGOのレーサーのブレーキホース取りまわしに、タイラップが使われてました。それが下の写真のような感じ。
ハイスロのワイヤーを上から出しているため(ラムダクトがじゃまで下からは無理!)、アッパーカウルとの接触を避けるため2本あるブレーキホースの間を通してました。これが干渉しあい、車検時に試験官から注意を受ける可能性があるらしい!そこで写真の様に2本のタイラップを使って細工してやる。1本は、フォークに固定、それにもう1本を引っ掛けて輪を作ってやるとワイヤーの通路を位置決めしてやる事ができます。しかも輪の中を通るワイヤーは固定はされない!もちろん、干渉も、しなくなりました。
これは、結構使えます!覚えておいて損はないネ!・・・・大発見ッテ、思ってるのはぼくだけで、みんな知ってたりして・・・・(笑)
’02年2月12日・・・・・フロントフェンダー装着
塗料が落ち着いたかなってところで、少し加工(穴あけ等)を施しフロントフォークに組み付け。
’02年2月09日・・・・・フロントフェンダー完成
フロントフェンダーの塗装が完成しました。途中までは自分で作製し、仕上げはRSサトウの佐藤さんに依頼。どんなもんでしょ!自分では思いどおりの仕上がりに満足!満足!
 クリアーは、ウレタン塗装って奴。素人のぼくにはあんましなじみのない塗料です。やっぱり、仕上げはプロにまかせましょう!
’02年2月06日・・・・・フロントフォーク
ついにフロントフォークが送られてきました。どんな風になったのか、わくわくしながら動き具合の確認!・・・。軽く力を入れただけで動くようになりました。なんか、すごい!今度は、体重をかけて動かしてみる・・・。ぷしゅ〜う・ぷしゅ〜う。で肝心の乗り味は?・・・まだまだ先の話しですねえ。・・・雪がいっぱいあります。
’02年1月27日・・・・・フロントフェンダーペインと開始
新規購入したカーボンフェンダーにペインと開始。ペイントって奥が深くなかなかたのしいね!やみつきになりそう!
’02年1月19日・・・・・フロントフェンダー・・・
フロントフェンダーを外したついでにクリーニング。するとなんとボルト締めのあなが計4箇所ひび割れしてタ。何てこっタ。そういえば前に乗ってた’91ZXR750も割れちゃってました。それにしても、カワサキの倒立に使用されてる、フェンダーは欠陥品なのではないでしょうか?それとも、これって消耗品?買った年にあれって思ってたんですが、それにしてもたった2年、走行距離は、8800Kmでこの状態とはまずいんじゃないのかな?
修復して再度使用するかどうか、迷ったあげくに出した答えは、カーボンフェンダーに交換。早速、リヤフェンダーと同じくマジカルレーシングに注文を入れたのでありました。・・・・借金だらけで、はたして5月の車検は取れるのかな。
’02年1月11日・・・・・フロントフォーク取り外し
 昨年からの続きの作業にはいりました。・・・と言ってもRSサトウの佐藤さんにおまかせ。なんですけど・・・。今回、ぼくがやった事(お手伝い)はエンジンの下にパンタジャッキをセッティングした程度。こうして外されたフロントフォークは名古屋のスクーデリアオクムラまで飛んでいきます!そこでフルメンテナンス+MEチューニング+インナーチタンコート+MEスーパースポーツスプリングキット組み込みが行われて帰って来る予定なのです。ちなみにサスのチューニングの際は、「メインコースはどこですか?」って聞かれます。「萱野茶屋!」って答えるのが事実なんですが、「SUGO」って事で・・・(あっは・は・は・は!)
 現在は真中の写真の状態です。昨年のリヤサス交換時と同じく地震がきたらアウト!って感じなので結構心配・・・。地震の来ない事を祈って、フロントフォークの来るのを待ちます。